家庭科学科    

家庭科学科の学科紹介はこちら(PDF)
食とヒューマンサービスの探究
生活文化に対する知識と技能を身に付け、社会の発展に対応できる能力と実践的態度を育てます。

◆取得可能な資格◆
食物調理技術検定・ビジネス文書実務検定・情報処理検定・英語検定 等

7/14  米粉と県産品を活用したパンの商品開発 その1 

 本校家庭科学科3年生の課題研究「ものづくり」では、令和3年度に引き続き、県内企業魅力体験事業をおこなっています。2年目は、昨年度先輩が取り組んだ企業の中から、弘前市に拠点を置き、イーストフードなどの添加物や保存料の使用を最低限に抑え、からだに優しいパンを作って販売しているパン・ド・カンパニューとコラボレーションし、米粉(令和3年度産のつがるロマンの米粉を使用)を25%使用したパンの商品開発で、地域課題の解決に取り組むこととなりました。
 5月24日にはベーカリーシェフの千葉さんから「パン・ド・カンパニューのこだわり」についてお話を聞き(写真1)、6月9日(写真2)、16日(写真3・4)と2日間に分けて、【生地づくり、形成、焼き】という行程について学びました。 これまでの【手こねでの作り方】ではなく、ミキシングマシーンと業務用の冷凍庫を活用した基本的なレシピを使って、高校生の感性を生かしたパンを考案していく予定です。
      写真1             写真2 
 

        写真3              写真4
 


1/31  県内企業魅力体験 成果発表会

  本校家庭科学科3年生の課題研究「ものづくり」では、魅力ある取り組みをしている企業を研究し、「その企業の一員であったら、どんな企画で地域課題を解決するのか」という大テーマの下、実践活動をしてきました。
 今回はご協力頂いた企業様に、この1年間の取り組みや研究成果を一人一人が8枚のスライドにまとめ、ご報告いたしました。 当日はコロナ禍もあり、急遽Zoomによりオンライン開催となりましたが、6社12名の方々にご参加いただき、多方面から質問やご意見をいただくことができました。報告会に参加された方々からは、「いろいろと試行錯誤していた様子がわかり驚きました。」という感想や商品化の可能性を打診されるなどの反響もありました。
 学校からの参加に加え、自宅からオンラインで参加し発表する生徒もおり、コロナ禍で制約が多い中でも、オンライン開催だからこそ可能になることを感じる瞬間でもありました。

  3年 課題研究 ものづくり 「県内企業魅力体験」成果報告会


11/22  家庭科学科 弘前実業・JAつがる弘前コラボ「パン」発売

 米の消費拡大と地域食材の地産地消をテーマに活動している本校家庭科学科3年生の課題研究「ものづくり」9名がJAつがる弘前と市内の手作りパンを製造販売している パン・ド・カンパーニューと商品開発をしてきました。
 このたび、その商品が弘前近郊のファミリーマートで、以下の予定で販売されることとなりました。
 11/22(月)~12/5(日)   りんごのうんめぇ
 12/6(月)~12/19(日)   Momo hime ~つがるのももひめ~
 1/10(月)~1/23(日)     嶽きみメロンパン
  販売場所はこちらです。
  販売広告はこちらです。


10/12  家庭科学科 県内企業魅力体験 校内中間発表

 本校家庭科学科3年生の課題研究の「ものづくり」では、地域課題の解決に向けて取り組んでいる企業を調査し、先行事例として相応しい企業を選定し、夏季休業中に訪問しました。 そして、その企業の魅力や地域課題の解決に向けての取り組みを体験しました。また、2学期に入り「その企業の一員であったら、どんな企画で地域課題を解決するのか」というテーマで実践活動を してきました。
 10月21日には、2年生を対象に5つの企業の魅力と、自分たちが取り組んでいる5つの課題を発表しました。また、11月4日の弘実祭では、3年生の研究内容を2年生が代わりに1年生に紹介しました。
         県内企業魅力体験の5社は以下の通りです。
 あおもりカシスの会   弘果総合研究開発(株)  (株)ビオ・フローズン
 一般社団法人 みらいねっと弘前    パン・ド・カンパーニュー


9/2  家庭科学科2年 ご当地!絶品うまいもん甲子園 第9回大会 二次審査エリア選抜大会

 

 

本校家庭科学科2年生のフードクリエイト選択者の3名(26HR 齋藤未彩、阿保沙綺、阿保莉央)が考案した「KENOMAN!」が、食の甲子園と言われている「ご当地!絶品 うまいもん甲子園」の予選を通過し、東北エリア大会に出場しました。今年はコロナウィルスの感染拡大に伴い、リモート審査で開催されました。郷土愛を感じさせるレシピと道の駅やコンビニ、桜祭りの出店をイメージした販路を検討した5分間の動画と試食の審査が行われましたが、残念ながら決戦大会へは進むことができませんでした。しかし、敗者復活戦としてのLINE投票がこれから始まります。応援よろしくお願いいたします。

9/29  ものづくりマイスター派遣事業  和菓子講習会


 

 

 県職業能力開発協会のものづくりマイスター派遣事業よる出前講座(講師:青森市松栄堂店主 畑中和紀氏)が本校調理室で開催されました。受講した課題研究に取り組む23人は、県産カシスを使った和菓子作りを通して、青森県独自の食品自主衛生管理認証制度の「A-HACCP」について学びました。

住所・電話番号

〒036-8155
青森県弘前市大字中野三丁目6-10
TEL.0172-32-7151
FAX.0172-37-2935