校長挨拶

 ご挨拶(PDF)

令和3年度学校紹介パンフレット

 令和3年度学校案内(PDF)

座右の銘 「歩歩清風」



教育理念・座右の銘

校歌

作詞:小田桐 孫 一(初代校長) 作曲:伊 藤 秀 俊
制定:1961年(昭和36年) 2月7日

1.津軽野の空はひろびろ (さん)たり   
  (あか)く (ちまた)かがよふ         
  天地のいのちを()けて         
  わが希望(のぞみ)雲と湧きたつ         
  つとむべし (うま)し若鮎        
  眉(きよ)ら 道()めゆけば        
  ああ栄光 われらを照らす      

2. 巌城嶺(いわきね)の道ははろばろ (げん)たり 
   雪(しろ)く ひかり野に満つ
   山川のめぐみを()けて
   わが血潮いよよ高鳴る
   はげむべし し若鷹
   声(ほが)ら 友呼びかへば
   ああ栄光 われらを照らす


 >校歌をダウンロード
※リンクしている音楽データは、私的利用に限ります。


新応援歌「未来」

新応援歌「未来」について
 平成30年度の創立百周年記念事業の一つとして、今の時代にふさわしい新しい応援歌をつくることになりました。 平成29年7月に生徒から歌詞を募集し、応募された70編の中から当時2年生の山内優奈さんによる「未来」が選ばれました。その詞に髙橋伸光教諭が作曲し、平成31年2月25日に本校第1体育館に於いて、吹奏楽部による歌と演奏で、全校生徒と創立百周年記念事業協賛会役員の前で披露されました。


 >新応援歌「未来」をダウンロード
※リンクしている音楽データは、私的利用に限ります。


服装規定


服装規定

生徒心得


生徒心得

沿革

 大正7年、弘前市立弘前女子実業補習学校として始まった女子教育の流れは、その後、弘前市立女子実業学校、弘前市立弘前実科高等女学校、弘前市立弘前高等女学校、弘前市立高等女学校、弘前市立女子高等学校と学校名を変えながら発展して参りました。一方、大正11年、弘前市立弘前商業補習学校として始まった男子教育の流れは弘前市立弘前商業専修学校、弘前市立弘前商業学校、弘前市立工業学校、弘前市立商工学校、弘前市立商業学校、弘前市立弘前商業高等学校と名前を変えて発展してきました。
 この二つの流れがそれぞれに培われた教育理念とその校風が一つの水流となり、昭和35年、弘前市立実業高等学校として新たに発足しました。さらに時を重ね、昭和44年、県移管となり名称が現在と同じ青森県立弘前実業高等学校となりました。
 発足以来教育理念の根幹となる「生命と価値」、本校生徒の座右の銘としての「歩歩清風」の2つの言葉を常に忘れず、教職員と生徒が一体となって勉学とスポーツ、そして文化的な活動に励み、多くの著名人や優秀な人材を輩出して現在に至ります。大正7年の弘前市立弘前女子実業補習学校の発足から数え、平成30年には創立100周年を祝うとともに更なる飛躍を誓い、令和4年度104年目を迎える伝統校です。




住所・電話番号

〒036-8155
青森県弘前市大字中野三丁目6-10
TEL.0172-32-7151
FAX.0172-37-2935